化粧品OEM製造メーカーのおすすめ5社をランキング形式で紹介!

肌に触れるからこそ慎重に!品質管理が徹底しているOEM化粧品会社を見分けるポイント

品質管理を徹底している化粧品会社の見分け方肌というのは個人差があり、乾燥肌・敏感肌・オイル肌など、敏感肌でない人でも使う化粧品によって肌トラブルを起こしてしまう可能性もあるので、化粧品選びというのは慎重に行いたいですよね。
OEM化粧品会社というのもいくつもあるので、どこがいいのか、見分けるというのもなかなか難しいですよね。
自社のブランドを販売したいという会社の製品の開発・製造を専門会社に委託するということで、請け負っている会社というのはいくつもあり、それぞれ特徴・製造可能品目・規模・サポート内容などといったことも大切になります。

OEM化粧品会社の見分けるポイント

OEM化粧品会社を選ぶ時に見分けるポイントがあるとうれしいかもしれません。
見分けるポイントとしては対応ロット・製造可能品目・開発力・工場の有無・薬事法への対応などといったことになります。

・対応ロット
製造するときにはロット(個数)で発注をしますが、可能かどうかということを確認をしましょう。
OEM化粧品会社は設備・工場の規模などが変わってくることがあります。
一般的には小ロットから中ロットまでを得意としているところが多くなっていて、高価格帯となっている製品を製造するということが比較的多く、10000個以上のように大量ロットになってくると、価格は比較的安くなる傾向にあります。
小ロットで製造しているところも多くなってきていますが、大切なのは品質管理です。
安心して使える品質の製品を製造・提供するには、適正ロットがあり、適正ロットを明確にしている理由と提案をしてくれるところが選ぶと安心かもしれません。

・製造品目・開発力
いろいろな種類の素材を保有していて、いろいろな製品を開発できる技術力があるかということです。
化粧品を作るには知識・実績が豊富かどうかということも重要なことで、依頼者がイメージしている製品をそれを実現することができるのは、高い知識・技術力がないとできません。
他社の製品と差別をはかるためにも付加価値の高い製品を製造することが大切です。
化粧品会社を見極めるポイントの1つになります。

・工場
OEM化粧品会社でも自社工場を持っていないところもあるので、自社工場を持っていない場合には製品処方までを決定して、製造をする場合には提携工場に委託をするという体制をとっているところもあるようです。
このような袋瀬地の場合には処方・素材の研究に力を入れているということが多いのですが、正常する工程の実情を把握するのは難しいということもあるので、品質管理などということを考えると、処方決定~製造まで、一貫してできる工場を持っているOEM会社を選んだ方がいいかもしれません。

・薬事法
薬事法というのは医薬品・医薬部外品・化粧品・医療機器の安全性・有効性を確保するためにある法律になるので、化粧品も対象となっているので、この法律にそって製品を製造・販売をしなくてはいけないということになります。
化粧品を製造する場合に一番重要なことは薬事法に厳守したパッケージ・広告表現のチェックになり、これに引っかかることがあると製品が販売することができません。
薬事法の知識を十分に持っているか、丁寧なサポートをしてくれるかということもOEM会社を見極めるポイントになります。

・品質管理体制
品質管理というのは化粧品においては非常に重要なものになり、品質管理体制というのはOEM会社によっては変わってくることがあるので、高い品質のある製品を安定して供給するためにどのようなことをしているかということを確認をするようにしましょう。
OEM化粧品会社によってはISO規格の認証取得・GMP(医薬品製造適正基準)に基づいて品質管理体制・オーガニック認証などがあるところもあります。
製品の一部を保管して、納品後も品質の経時変化などを調べてもらえるところがいいかもしれません。