化粧品OEM製造メーカーのおすすめ5社をランキング形式で紹介!

幹細胞化粧品は副作用の心配はないの?

幹細胞化粧品は副作用の心配はないの?

幹細胞化粧品は最近注目されていますが、副作用などの心配はないのでしょうか。
植物性由来の幹細胞エキスやいろいろな原料で作られた幹細胞エキスが配合されています。
また植物由来だけでなくヒト幹細胞化粧品もあります。
名前だけ聞くと効き目がありそうですが、実際に使ってみて副作用などの危険性はないのでしょうか。
そこでここではその副作用や安全性について解説します。

 

幹細胞でなく幹細胞培養液が配合されている

多くの方が勘違いされるのは、ヒト幹細胞化粧品といっても実は幹細胞が直接配合されているわけではありません。
配合されているのは幹細胞を培養してできる成分、幹細胞培養液と呼ばれるものです。

 

現実的な話をするとヒト幹細胞を使うということも考えられなくはないですが、
問題があり高温で熱処理による殺菌をすると必要な有効成分の一つであるたんぱく質が破壊されてしまいます。
そうなるとヒト幹細胞は意味をなさなくなります。

例えばこの幹細胞は再生医療分野ではかなり研究が進んでいます。
幹細胞を移植するだけでなく、細胞が分泌した再生因子を含んだ培養液だけでも歯周病で欠損した組織の再生に成功したという報告もあるくらいです。
つまり幹細胞そのものでなくても、幹細胞が培養されたときに分泌される培養液にはいろいろなたんぱく質が含まれています。

 

この培養液は組織再生するにも重要な役割を担っており、幹細胞を移植するのと同等の再生能力があることがわかっています。
そしてこのたんぱく質には成長因子(サイトカイン)、酵素、コラーゲン、ヒアルロン酸などの細胞外マトリックス成分とよばれるものが豊富に含まれているのだそうです。

特に海外では美容医療や化粧品の分野でこのヒト繊維芽細胞培養液を使った化粧品やヒト脂肪由来幹細胞培養栄の活用が進んでいます。
例えば皮膚を増殖させる、活性化させる、皮膚組織の再生に良いという研究が進んでいます。
また最近ではヒト由来神経幹細胞培養液と呼ばれる歯茎の神経細胞より抽出した培養液で作られた化粧品も登場するようになりました。

このように幹細胞培養液でヒト由来成分が使われているとしても、幹細胞でなく培養液が使われるので安全性は確かだといわれています。
もちろん移植するような使われ方でなくて化粧品という形で使われるので、危険性はさらに低くなるはずです。

化粧品で使われる場面では副作用は考えられない

〇幹細胞は医療で注目されていた

幹細胞が注目されるようになったのは再生医療の現場です。
医療で使われる幹細胞は、腫瘍化の危険があるといわれています。
しかし化粧品の成分として配合されている幹細胞培養液なら、成分を抽出するときに幹細胞や細胞片は含まれないように除去するような製法がとられます。
そのためにまず医療で見られる副作用などの心配はないといわれています。

日本でこの幹細胞化粧品が初めて登場したのは2012年頃です。
その時は海外の会社が製造したヒト幹細胞培養液で製造された化粧品が厚生省に認可を受けて約1年後に販売開始されました。
また海外からの製品だけでなく、日本国内で製造された日本製の製品も多くみられるようになりました。

 

〇植物幹細胞エキス

ヒト幹細胞以外にも植物幹細胞エキスという成分があります。
これが配合されている化粧品はヒト由来よりもコストが安いのでにわかに注目されるようになりました。
この植物館細胞エキス配合の化粧品もシワに効果があるといわれています。
ただしまだ解明されていないのが、動物幹細胞が人体に影響があるのは何となくわかりますが、植物幹細胞がなぜ良い影響を与えるのかはよくわかっていません。

しかし植物由来幹細胞は皮膚幹細胞の環境を改善する、育てるといった作用があるということはわかっているのでシワには有効だといわれています。
植物由来ならヒト由来成分よりさらに安全であり、安心して使えます。
またヒト由来成分の副作用を心配するなら、まずは植物由来成分から使うことをおおすすめします。