化粧品OEM製造メーカーのおすすめ5社をランキング形式で紹介!

どんなものがある?幹細胞化粧品の種類

どんなものがある?幹細胞化粧品の種類

 

幹細胞化粧品という化粧品に注目が集まっています。
幹細胞は細胞を新しく修復したり、再生させてくれる働きがあります。
つまりアンチエイジングには欠かせない能力を持つ細胞です。
そこでここでは注目されている幹細胞化粧品の種類についてご紹介します。
これから取り入れてみようと考えている方はぜひ参考にしてください。

 

幹細胞化粧品には3種類ある

幹細胞化粧品には現在3種類の原料があります。
それぞれが使われている原料が違うので、ひとつずつ違いを比較してみます。

 

(1)動物由来幹細胞
これは羊などの毛根に含まれた幹細胞、胎盤に含まれた幹細胞が原料になっています。
この羊というとプラセンタで思い出す方もいるでしょうが、実際羊はヒトの皮膚幹細胞に構成が似ているといわれ、肌になじみやすいといわれています。
また羊は病気になりにくいといわれ、ほかの動物よりは安全性が高いといわれています。

ただし羊などの動物の幹細胞由来成分はヒトの皮膚幹細胞に似ていますが、そもそも同じものではないのでアレルギーがある方や拒絶反応が出る方もいます。

 

(2)ヒト由来幹細胞
人間の脂肪細胞から抽出されたのが脂肪由来幹細胞です。
それを培養させた培養液が使われます。
人間の皮下脂肪から作られているので拒絶反応が起きない、最も効果があるといわれています。

幹細胞そのものでなく、培養液が使われる理由は安全性確保のためです。
これは幹細胞そのものを使うと菌を減らす加熱処理をしなければなりません。
その処理自体を行うと良質のたんぱく質が破壊されてしまうからです。
しかし培養液でも同様の効果があるということが実証されています。

 

(3)植物由来幹細胞
植物由来の幹細胞にはいろいろな種類があります。
しかし中でも一番有名なものはトビラー・スパトラウバーと呼ばれているリンゴの幹細胞です。
これも幹細胞を培養することでいろいろな化粧品の成分として使われています。

ただし今までで副作用な重篤な症状になったという報告はありませんが、

植物の幹細胞が人間の肌細胞に良いのかははっきりと解明されていません。

 

幹細胞化粧品のおすすめTOP3

いろいろな幹細胞化粧品の種類をご紹介したところで、実際の化粧品をご紹介します。

 

(1)ステム アクティブ エッセンス
ヒト由来幹細胞抽出液を使用して、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸の3種類を配合しています。
この製品は厚生省が指導する生物由来原料基準を厳守して作られています。
また化粧品でありながら医薬品レベルのテストを通過した製品です。
Wabio(和+先進のバイオテクノロジーという意味)から発売されており、わずか1滴でも脅威のパワーを感じられます。
定期お届けプランなら1か月分の美容液20mlが10%オフの18,000円で購入することができます。

 

(2)メナード化粧品オーセントクリーム
メナードは化粧品業界でも老舗、しかも業界では初めて幹細胞研究を行った会社です。
現在でも日々研究に取り組んでいます。
このオーセントクリームは「魔法のクリーム」とも呼ばれ、ヒト脂肪細胞由来幹細胞の培養液が成分として使われ、保湿成分もセイヨウミザクラ種子エキス・ハンタイカイ種子エキス・オオムギ種子エキスなどが配合されています。
実は50gで108,000円という最強の値段ですが、効果は確かという声が続出しています。

 

(3)資生堂エピステームステムサイエンスエマルジョン
ヒト脂肪由来幹細胞に繊維芽細胞と同等のコラーゲンが生成することを発見したということで、資生堂はこれにアプローチする商品を開発しています。
繊維芽細胞の増殖サポートする独自成分である「ステムSコンプレックス」を開発し、肌の内側からハリを実感できます。
値段は45g16,200円で、この3つの中では一番利用しやすい値段です。