化粧品OEM製造メーカーのおすすめ5社をランキング形式で紹介!

幹細胞化粧品とは?

幹細胞化粧品とは?

若い頃は肌に自信があった方でも、加齢によりだんだんシワやたるみが目立つようになります。
その時慌ててエステに通ってもすぐには効果が実感できないという方もいるでしょう。
でも美容整形までするのは怖いし…。
そこで注目されて始めたのが「幹細胞化粧品」というものです。
まだあまり知られていない化粧品ですが、幹細胞の培養液や植物幹細胞のエキスが使われた化粧品です。
ここでは幹細胞化粧品をご紹介します。

 

幹細胞化粧品が注目されている理由

「幹細胞」とは、人間の体を構成する細胞の元になるものです。
幹細胞のおかげで肌細胞がスムーズに生まれ変わることで、シワやたるみのない健康的な肌を維持します。
幹細胞化粧品には培養液やエキスが配合されて、美肌を維持するのに必要な根本部分にしっかりアプローチしていきます。

幹細胞化粧品が注目されはじめた大きな理由は、従来皆さんが行っていた足りないものを補うというケアでなく、

肌が本来持っている力を引き出すという化粧品

だからです。
幹細胞の再生能力は年齢とともに衰えてきます。
そこでこのような幹細胞化粧品の力を借りることで活性化を促してくれます。

中でも幹細胞化粧品は大きく分けて3種類あります。
1つは動物由来のもの、もう1つは植物由来のもの、最後はヒト由来のものになっています。

幹細胞化粧品の種類

先ほどもお伝えしたように幹細胞化粧品には3種類あります。

 

〇動物由来の化粧品
動物由来の化粧品には、幹細胞が培養された成分が配合されています。
原料は羊の毛根やプラセンタ(胎盤)が使われています。
これはなぜ使われるかというとヒトの皮膚幹細胞に構造が似ており、吸収されやすいといわれています。
ただし日本には羊を原料にした幹細胞化粧品はあまり流通していないといわれています。

 

〇植物由来の化粧品

植物由来の化粧品にはウトビラー・スパトラウバーという種類のリンゴやアルガンツリーという樹木、朝鮮人参のような山人参、フランス産のクリステマリンといった薬草などから抽出したエキスが植物由来の幹細胞エキスになります。

植物のメカニズムの中には、環境が整うことで永久に生きられる再生能力があるといわれて、これがヒトの幹細胞に栄養を与えたり、活性化させて肌の再生能力を高める役割をしてくれます。
また植物性なら採取しやすいというメリットだけでなく、実際に化粧品に製造されてもコストがヒト由来・動物由来ほどでないのでお手頃な価格になっています。

 

ヒト細胞由来幹細胞培養液とは

ヒト細胞由来の幹細胞化粧品は、先ほどご紹介した動物や植物と比較してもアンチエイジング効果が高い、副作用が少ない製品ができるといわれています。
これはヒト由来なので他の成分と比較しても拒絶反応が起こりにくいともいわれています。

 

〇ヒトの幹細胞そのものが使われているわけではない!

注意したいのはヒト細胞由来幹細胞培養液といってもヒトの幹細胞そのものが化粧品に使われているということではありません。
配合されている主なものは幹細胞培養液といわれるものです。
これは幹細胞が分裂したり増殖するときに出るもので、ヒトの組織の再生には必要なたんぱく質が含まれている成分です。

ヒトの幹細胞はそのまま使われていません。
その理由は加熱処理をして滅菌しなければならないからです。
このような処理をしてしまうとたんぱく質は破壊されてしまうので、培養液を使うという方法がとられています。

またこの幹細胞培養液によって作られた化粧品は、科学的に合成した成分を使っているわけではないので安定化に苦労するといいます。
そのため作られた化粧品は高い技術力で作られているのでどうしても高額になってしまいます。

今後は某企業が量産化に成功したようなので、徐々に市場に出回り、価格も安定化して下がってくるかもしれません。