化粧品OEM製造メーカーのおすすめ5社をランキング形式で紹介!

OEM化粧品を作るときに必要な金額とその内訳とは?

OEM化粧品を作るときの金額と内訳

OEM化粧品を作るときに一番重要なポイントは何かというとコストではないでしょうか。
化粧品を製造業者が進めてくることもありますが、その通りに製造をしても、思っていたものとは違っていたりして、納得がいかないということもありますよね。
化粧品を作る場合でも小ロットになると割高になってしまい、商品化を断念せざる得ないということもあるかもしれません。

 

OEM化粧品を作る場合の金額と内訳

OEM化粧品を作る場合にはどのくらいの金額がかかるのかというと、使う容器・化粧箱の有無・製造本数・配合成分などによって変わってきます。

・容器
OEM化粧品を作る場合には容器もどのようなものにしたいかという希望があるかと思いますが、必要な金額の中で一番のウエイトをしめているのが、化粧品の容器です。
同じ容器でもメーカーが違うだけで数十円単価が違ってきたり、容器の素材はPP・PE・PET・ガラス等がありますが、樹脂容器の場合には、薄い素材のほうが安くなるので、容器の選定次第ではコストを大幅に抑えることができます。
化粧品でもクレンジング系などは上代設定が低めになっているような商品は、比較的安価な樹脂容器を使うことができます。
エステコスメ・高価格の化粧品になると容器は肉厚の樹脂容器・ガラス瓶などのほうがいいかもしれません。
商品によっては腐食性・浸透性がある場合、光・空気で劣化しやすいような化粧品もありますが、こういった商品になると、ガラス瓶などの肉厚な容器のほうがいいかもしれません。

・ボトル容器CAP
容器には必ずCAPがしてありますが、CAPにもいろいろな種類がありますが、スクリューキャップ・ワンタッチキャップ・ポンプがありますが、この順番で金額は高くなっていきます。

・容器印刷・着色
容器に印刷をする場合には1000本以上、着色は3000本以上だったりしますが、着色加工・印刷の色の数が多ければそれだけ金額は高くなります。
化粧箱に印刷をする場合には3~4色で印刷をして、デザイン性を持たせた方がどちらかというと安くなるようです。

・化粧箱
基本的には1000個以上になり、ベースとなっているのはコート紙が一般的ですが、特殊な使用感のある紙を使ったり、特殊な加工をした場合には価格も高くなります。
また、化粧箱でも木製の場合には一般的には20000~40000円くらいかかりますが、既存の型にすることで型代を削減することができます。

・LOT
具体的な価格というのは打ち合わせをしていくと変わってくることもありますが、営業経費コストを計算すると500本以下の場合には赤字になる場合もあるようです。
OEM化粧品の場合には製造をする時に5枚の製品検査書類を作成をする必要があり、その他にも製版名の申請(保健所)にいく交通費・キープサンプルを保管(5年)する費用などの費用も掛かります。
どのくらい製造するかでも変わってきますが、大LOTの場合には、本体価格が下がる可能性はあります。
シール・紙などに印刷をする場合には機械を稼働させるので、コストがかかり、小LOTになると割高になる傾向です。

・シール
基本的には1000枚以上になりますが、容器によっては数か月ではがれてしまったり、容器に数mmくらいの湾曲などがあるという場合にはしわができてしまう可能性もあります。

・ブレ幅の指定
シールを貼る場合に機械で行っているというところもありますが、もし、手作業で行うという場合には生産にも個人差があるので、基準値誤差1㎜以内というように指示を出したほうがいいかもしれません。
化粧品の容器の素材・形・大きさでも金額は変わってきますし、デザインをする場合にはデザインによっても変わってくるので、依頼をする場合にきちんと確認をするようにしましょう。