化粧品OEM製造メーカーのおすすめ5社をランキング形式で紹介!

海外製のOEM化粧品を使うときにチェックしたい4つのこと

化粧品を使用する際にチェックしたいこと化粧品業界というのは異業種からも参入してきたりしているので、競争というのは厳しくなってきています。
化粧品というのは国内市場ではインバウンド消費は少し抑えられてきている傾向にあり、少子高齢化ということもあるのか不透明感もあるかもしれないといわれているようです。
そして、インターネットが普及してきているので、コスメの比較サイトなどがあったりして、口コミサイト・SNSが普及してきているので、商品を見る目というのは以前に比べると厳しくなってきているというのが現状でもあります。
OEM化粧品は日本だけでなく、海外製のものもたくさんあります。
日本製でも海外で生産しているということもありますが、海外製のOEM化粧品を販売するには安全性というのが重視されてきて、薬事法に基づいて製造することができるライセンスを持っているところしか、商品の輸入は認められていません。
海外製の化粧品を輸入・販売する場合には安全基準をクリアしたもののみで、正規の輸入手続きをした海外の化粧品というのは安全性を確保されているということもありますが、海外製の化粧品を使う場合にチェックしたほうがいいということはあるのでしょうか。

チェックしておきたいこと

○化粧品の価格
海外製の化粧品を購入する場合にはレートというのは日々変動しているので、海外で購入する場合には日本円に換算したときに価格を間違えないようにしましょう。

○許可されている成分かどうか
海外のOEM化粧品を使う場合には、日本で製造されている場合には、日本で許可されているものになりますが、海外コスメの場合は、許可されていない成分が入っていないかということが大切です。
日本で認められていない危険な成分というのは、ホルムアルデヒド・メタノール・赤色40号・ハイドロキノンモノベンジルエーテル・過酸化水素などがあるのでこういった成分が配合されていないかどうか、しっかりとチェックをするようにしましょう。

○肌に合った成分かどうか
日本で製造されているOEM化粧品は日本人向けに作られているのですが、海外製の場合には日本人の肌に合わせた成分が入っているかどうかということです。
肌の状態というのは個人差があったり、季節の変わり目などは肌トラブルを起こしやすかったりします。
日本製のOEM化粧品は何を使っても大丈夫という人でも、海外製は使えないという人もいるかもしれません。
たとえ、無添加化粧品という場合でもパラベン・石油系合成界面活性剤などが含まれている場合もあるので、どのような成分が入っているのか成分表示、実際に配合されている量もチェックするようにしたほうがいいかもしれません。
配合されている成分は一般的に安全性が高いといわれていても、肌というのはその時の状態によっても変わってきたりするので、肌のトラブルを避けるためにも、日本製と海外製では成分に違いがあるので、しっかりと確認をしてから使うようにしましょう。
日本製の化粧品は試供品があるので、試して大丈夫かどうかを確認することができますが、海外製の場合には試供品がないという場合のほうが多いので、最初は容量が少ない物で試してみたほうがいいかもしれません。

海外から輸入して使う場合

海外から化粧品の輸入をしようと考えている人もいるかもしれませんが、この場合には化粧品輸入代行を活用するといいかもしれません。
海外製の化粧品もいろいろあり、名前が知られていないような化粧品もあるので、こういった化粧品は安く購入することはできますが、日本で許可されてない成分が使用されている可能性が高いので注意が必要になります。
また、海外のコスメ通信サイトで購入する場合には、すべてはなく一部の悪質な業者だけになりますが、課金だけして商品が届かないという場合もあるので、海外から化粧品を輸入して使うという場合には運営会社自体の確認をしてからにしたほうがいいかもしれません。