化粧品OEM製造メーカーのおすすめ5社をランキング形式で紹介!

化粧品のパッチテストの進め方

パッチテストの進め方化粧品にもいろいろな種類があるので、迷うこともあるかもしれませんが、
お肌のお手入れをする場合には自分に合った方法で行わないと効果を得ることができません。
化粧品はクレンジング・洗顔・化粧水・乳液・クリーム、状況によっては美容液・パック・ピーリングなどを行います。
これらの中にもいろいろな種類があるので、使ってみて肌トラブルを起こしてしまうということもあるかもしれません。
そういったことを防ぐためにもパッチテストを行うといいかもしれません。
化粧品は日本製のものだけでなく、海外ブランドもあります。
日本製は日本人向けに作られていますが、海外ブランドになると、日本製は問題なくても、海外ブランドで炎症などのトラブルを起こしてしまうということもあるかもしれないので、敏感肌の人はもちろんですが、そうでない人もパッチテストを行うことで、使用しても大丈夫かどうかを確認するといいかもしれません。

パッチテストの進め方

パットテストは簡単に行うことができるのですが、その時に外的要因(汗・入浴など)が入ってしまうと、正しく行うことができないので注意をしましょう。
手順は3ステップになり、問題なければ顔に使用しても大丈夫と判断していいかもしれません。
ステップ1として化粧品を適量取って二の腕のうち側に塗ります。
ステップ2として化粧品を塗った状態で24時間様子を見てみて、腫れ・かゆみ・赤みがないかをみます。
ステップ3として、二の腕のパッチテストが問題がない場合には、フェイスラインなどで少量塗ってみて、確認をするようにしましょう。
パッチテストの進め方はこれでOKなのですが、もし、途中で腫れ・かゆみ・赤みなどの延焼などが出た場合にはすぐに洗い流すようにして、症状が改善しないという時には症状が出た化粧品をもって医師に相談するようにしましょう。

アイテムによるパッチテストの進め方

パッチテストの進め方は基本的には上記のような方法になりますが、化粧品の種類によってかえる方法もあるので参考にしてみてもいいかもしれません。

・化粧水・美容液・乳液・香水など

絆創膏のガーゼ部分がありますが、この部分に塗って肌の目立たない部分に張り、そのままの状態で2日間経過を見て、剥がしますが、その後翌日まで部位を観察します。

・石けん・クレンジング・シャンプーなど

パッチテストを行う場合には原液ではなく、精製水・蒸留水で薄めて、ガーゼにしみこませたり、絆創膏に塗って肌に貼る方法です。

・脱毛クリーム・ヘアカラー剤など

ほとんどの商品にパッチテスト用の薬剤が入っているので、使い方が説明書に記載されているので、それに沿って行うようにしましょう。

もし、説明書に記載がないという場合には薬剤を二の腕などの目立たない部分にぬって、20分くらい置いておいてからふき取ってみて肌の状態を確認するようにします。

パッチテストを行う時のポイント

パッチテストを行う場合には外的要因(汗・入浴など)があると正しい反応を得ることができないので注意をすることです。
パッチテストで炎症などが起きる場合には、その原因となる成分はなにか、その成分の入っている化粧品は使うことができないので、特定をする必要があります。
化粧品は体にもつけることができますが、顔につける場合には、きれいになるためにケアをするのに、トラブルを起こしては意味がないので、肌を守るためにもパッチテストは大切になります。
パッチテストのやり方を知らない、やったことがないという人も多いかと思いますが、化粧品でかぶれたことがあるという場合には行ったほうが安心かもしれません。
また、生理前後などホルモンバランスで肌が敏感になっているという状態の時もあるので、こういう時にはトラブルが出てしまう可能性もあるかもしれません。