化粧品OEM製造メーカーのおすすめ5社をランキング形式で紹介!

OEM化粧品を開発するときにリサーチとペルソナ設定が重要な理由とは?

リサーチとペルソナ設定が大事
OEM化粧品を開発するにしても失敗はしたくないですよね。
よい商品にするために必要な要素は5つあります。

売れる商品を作るということで共通しているのは、明確な企画であること特徴(使いやすくて、実感があるなど)・機能があること目を引く・手にしたくなったり、誰かに見せたいデザインであることわかりやすくて、伝わりやすい名前・コピーがあること販売方法は適切に行うこと、これらの5つです。

商品がたくさん販売されるには、時代の流れ・流行に乗り、継続的に販売されてることが必要であり、多くの人に認知されればブランド力もアップします。

リサーチの役割・目的・重要な理由

商品を作るという場合には宣伝・広告などをしますが、消費者はどういったものがほしいのかということを知らないで、作りたい商品を生産するのではなく、欲しいものを作ることで、成功する確率が高くなってきます。

そのためにもリサーチをするということは重要になり、しっかりとしたリサーチをすることで、マーケティング戦略も成功する確率も高くなり、仮設・検証を繰り返し行っていくことで、どんどん精度を向上させることもできます。

リサーチは顧客と企業の架け橋ともいえるのですが、マーケティングを行い戦略を立てても、顧客を知るということはできないので、顧客の声を聞くという役割があるのがリサーチです。

OEM化粧品を開発する時にも顧客の声に傾けるということは大切なことで、そうすることでどういったものを求めているのかということもわかってきて、新しいニーズを得ることにもつながってくるかもしれません。

リサーチをすると販売されている商品・サービスがどれだけ満足しているのか、満足度を調査することができるので、商品・サービスの改善点を見つけることができます。

リサーチをする目的は改善すべき問題点の発見・問題解決をするために必要な情報収集です。

問題を発見した場合には問題を解決するときにも必要な情報収集を行いますが、その時に行うリサーチはマーケティングプロセスの中で何回も行われることもあります。

ニーズを掴むということが難しくなっている現在では、リサーチをするということは非常に重要度が高くなっています。

ペルソナ設定が重要な理由

ペルソナ設定は架空の人物を想定して、その人のプロフィール・行動・価値観・ライフスタイルなど架空の顧客増の詳細を設定するということです。

ターゲットと似ているかもしれませんが、ターゲットは受けての人物像に幅を持たせること、ペルソナは幅のある人物像をさらに詳細を設定していきます。

最近ではインターネットが進化してきているということもあり、ターゲットを絞り込んでいくことで有効なアプローチをかけることもできるようになってきているので、さらに具体的なターゲットを設定する必要もあり、ペルソナを設定するというのはマーケティング担当者の中でも注目が集まってきているようです。

ペルソナを設定するということは企業で商品を開発するための方針・具体的なイメージをするためには重要なことで、商品開発をする場合にも性別・年齢がさまざまな人たちが携わっているので、アイディアなどをまとめたり、商品のイメージを具体的・統一的にするためにもペルソナを設定するというのは重要になります。

ペルソナを設定するとユーザ―ファーストが実現しやすかったり、人物像の認識を統一ができるということです。

化粧品を使う人の肌というのは個人差があるので、ユーザ―を詳細に設定することで、具体的にイメージもしやすくなります。

そして、商品を開発する人たちはさまざまなので、認識も違っていたりすることもあるので、認識のずれを防ぐことができて、認識を統一することができます。