化粧品OEM製造メーカーのおすすめ5社をランキング形式で紹介!

OEM化粧品製造会社が抱えている現状とは?

OEM化粧会社が抱えている問題化粧品製造会社というのは日本・海外などいろいろとあります。
化粧品会社でも製造工場がある場合には自社でというところもありますが、製造する工場がないという場合にはどこかに依頼をしてOEM化粧品を作ってもらうことです。
OEM化粧品製造会社というのは商品の製造を請け負っているところで、企業間での取り引きになり、オーダーメイド感覚で化粧品を製造することができるところです。
化粧品メーカはたくさんありますが、製造するノウハウ・技術がないという場合もあるので、OEM化粧品製造会社に依頼してOEMによってオリジナルの化粧品を販売することができます。
このようなところは化粧品業界だけでなく、電気・コンピュータ・自動車業界などでもあります。

OEM製造会社のメリット・デメリット

メリットは化粧品の開発から製造まで委託することができるので、設備投資などのコストを抑えることができて、小ロット・大量生産もできるので、在庫をたくさん抱えるということがないことです。
デメリットは自社で製造をすることができないので、製造スケジュール・納品時期の状況を把握しにくいということ、生産・製造技術の向上をはかることができないので、競争力を高めるということが難しいということです。

OEM化粧品の市場拡大への影響

OEM化粧品が市場に拡大していくとブランド・商品数というのは増えてきますが、それだけでなく、商品のコンセプトというもの多様化してきてしまいます。
そうなると商品がたくさん増えて選択肢が増えてくるので、自分が欲しいと思う商品が見つかりやすいということがあります。
OEM化粧品製造会社を利用することで技術・人材もなくても、オリジナルブランドの化粧品ができます。

化粧品業界の動向・現状

化粧品業界の現状というのはどのようなのかというと、平成24年(2012年)までは横ばい状態であったが、平成25年(2013年)からは増加傾向にあるようです。
平成24年ごろまでは需要の頭打ちがみられている状況だったので横ばいだったのですが、景気不況が続いていたという影響もあったようで、低価格・高機能というのを消費者が求めているということもあったので、少し低下していたようです。
そして、平成25年(2013年)になると、中国・韓国・台湾などアジア人が中心ではありますが、外国人が訪問してくるようになり、化粧品業界も増加してきています。
平成26年(2014年)の10月には化粧品が免税対象消費に加えられたということで、中国人を中心とした人たちが化粧品を購入するようになり、増加しているという状況でもあります。
平成27年(2015年)になると円安・元高という影響もあるのか、インバウンド消費が一時的に抑えられてきている状況になり、平成28年(2016年)になると中国政府が化粧品に関しての関税を1割近く引き上げたことで、インバウンド消費に関して不透明になってきたという動向もあります。

OEM化粧品製造会社が抱えている現状

OEM化粧品を製造する場合にも抱えている問題というのはあるのかというと、隠れている問題がいろいろとあるようです。
1つは商品の品質に関してですが、化粧品は肌につけるものなので、品質を気にしているという人が多いので、1つ1つの品質が、メーカの信頼性にもなってくるということです。
化粧品を製造するにしても厳しいテストを繰り返しして、高い品質レベルのものを販売するということもあるので、厳しいチェックを行うには費用も掛かるということがあります。
でも、メーカからは安い金額での製造を委託されることも多いので、十分なチェックをするために必要は費用が捻出するのが難しいという問題を抱えているというのも現状です。