化粧品OEM製造メーカーのおすすめ5社をランキング形式で紹介!

セルフプロデュースしたOEM化粧品を程よい距離でアピールする方法

セルフプロデュースした商品をアピールする

 

セルフプロデュースというのは、イメージをしたことが思い通りに演出することができるということで、ビジネスで企業・芸能人などではよく実施されていることでもあります。
セルフプロデュースを成功させることができるということは、イメージをしたことを自由にコントロールができているということにもなります。
また、セルフプロデュースはブランディングの考え方と密接にかかわってきていることでもあり、ブランディングというのは人・ものに対して何かしらのイメージを持っているということです。

 

無理なセルフプロデュースはしない

セルフプロデュースのために無理をするというのは、ハードルを上げるということにもなるので、ハードルを上げすぎてしまうとつらくなるだけで、あまり無理をするのは避けたほうがいいかもしれません。

ブランディング構築を考えているという場合には、セルフプロデュースを地道に実践していったほうがいいかもしれませんが、セルフプロデュースを実践していくための注意したほうがいいポイントがあります。
セルフプロデュースした化粧品のアピールをするという場合には、注意するポイントを抑えて実践するといいかもしれません。

段階を意識してアピール

価値観・活動内容などを発信していくので、ここで重要なポイントとしては商品を知ってもらうことです。
興味を持ってもらう必要があるので、そのためのステップとして、露出・認識・共感・傾聴の4つになります。
これらを飛ばすことなく、確実にステップを乗り越えることを意識してアピールをしていくようにしましょう。
この4つの段階を得て、受け取る側がどの段階にいるのかということを把握しながら、適切に進めていくということを心がけることが大切になります。

※この4つのステップは経済学者でもある、フィリップ・コトラーが提唱しています。

消費者がどのようなものを買いたいかということを知ることから初めて、もう敵を達成するためには情報収集をすること、商品を比較することで、より良い製品にするためのプロセスになります。
最初に露出させていくということは重要なことになり、どれだけ高い価値があるのか情報を持っていても、露出しなければ、認識されることもなく、評価されることもありません。
どんどん露出をすることで徐々に商品を知ってもらうことができるので、そうしたら認識も高まってきます。
商品の存在が認識しても得るようになって来たら次は、共感してもらえるようにしましょう。
共感を持ってもらうことができれば、情報を発信した場合に耳を傾けてもらうことができます。

そして、最後の傾聴です。

これまでの段階を乗り越えることができるようになった場合には、情報を発信した場合に心に届くことができます。
そうなるとセルフプロデュースを実践していくための下地ができるので、アピールをしていきやすくなってくるのはないでしょうか。

セルフプロデュースというのはマーケティングと共通していることが数多くありますが、商品を販売してもその存在を知ってもらってから行動を促すということが、マーケティングの視点からの考えでもありますが、この部分は大変重要になります。
化粧品というのはいろいろな種類があり、商品は知ってもらえても、肌に合わないから使いたいけどつかないという人もいます。
そういった意味では難しい部分もありますが、今では女性だけでなく男性も使っている人もいるので、しっかりとアピールをしていくほうがいいかもしれません。
商品を知ってもらうという意味ではマーケティングを行っている企業が多いですが、セルフプロデュースした化粧品を知ってもらえるようにするということが大切なのかもしれません。