化粧品OEM製造メーカーのおすすめ5社をランキング形式で紹介!

消費期限を過ぎた化粧品を使うリスクとは?

消費期限過ぎた化粧品を使用するリスク

 

化粧品を使っている人は多いですが、消費期限(使用期限)があるということを知っていますか。
食べ物・飲み物には消費期限があるというのは知っているかと思いますが、化粧品にも消費期限(使用期限)というのがあります。

 

 

消費期限(使用期限)はどのくらい

メーカ・化粧品の種類によっても変わってきますが、基礎化粧品の場合で、空気に触れていない未開封状態の場合には約3年、開封後になると半年というのが目安になっています。
毎日使っている化粧水・乳液などというのは数か月で使ってしまうことが多いので、あまり気にする必要はないかもしれませんが、あまり使わないようなパック・マッサージなどというのは忘れてしまい放置されているということも多いのではないでしょうか。
消費期限(使用期限)が切れてしまうと、肌がトラブルを起こしてしまう可能性がありますが、このような化粧品を使うとどんなリスクがあるのでしょうか。

一度開封した化粧品は酸化が始まる

化粧品は未使用でしっかりと蓋をして保管をした状態でも、一度開封をしてしまうと空気が入ってくるので、その時点から酸化が進んでしまいます。
未使用でもたとえ製造してから3年未満だったとしても、高い温度・直射日光のあたる場所などに保管しておいても劣化する可能性はあるので気を付けましょう。
また、どこかに手を触れた場所があればそこに雑菌を付着してしまうので、化粧品の中で繁殖してしまうことになるので、このような状況で、肌のお手入れをした場合には肌荒れの原因にもなってしまうかもしれません。
化粧品というのは肌と癒着を高めるという役割があり、保湿するという目的もあるので、油脂成分が含まれているので、空気に触れると酸化していき過酸化脂質という物質に変わり、活性酸素が発生されるので、これによって肌に炎症・色素沈着をしてしまうというリスクがあります。

一度開封した化粧品は雑菌が増殖

一度開封をしてしまうと菌が入り込みやすくなってしまい、細菌(バクテリアなど)・常在菌(健康な人の体に存在)などが、手・指から化粧品に付着してしまうことでドンドン増殖してしまうことがあります。
常在菌にはどのような種類があるのかというと、表皮ブドウ球菌・黄色ブドウ球菌などです。
表皮ブドウ球菌は皮膚の表皮にあり、肌を弱酸性に保つことができるので、細菌から肌を保護するなどしてくれるので、美肌につながる菌ですが、体内に入ってしまうと病原性がみられるということもあるかもしれません。
黄色ブドウ球菌は手・指・鼻・耳・のどなどいろいろな部位にあり、健康な場合には影響はないのですが、傷などがあると体液を餌にして、増殖してしまうと化膿する可能性があります。
また、アトピーとも関連していることもあるので、菌が増殖してしまうとかゆみがますといわれていて、健康であれば悪さをしないのですが、古くなってしまった化粧品の中で増殖してしまった場合には雑菌となってしまいます。
消費期限が切れてしまっているような古い化粧品を使うということは、肌をきれいにするのではなく、雑菌を肌につけている状態でもあるので、効果があるどころか、肌にとっては悪影響を及ぼしてしまうというリスクがあります。

冷蔵庫保管するリスク

秋・冬など寒い時期に使っているが、春・夏には使わないという場合には、どこに保存していますか。
真夏など化粧品が暑くなるので冷蔵庫に保存しているひとも多いのではないでしょうか。
冷蔵庫で保存すると冷蔵庫の中と外では温度差が大きいので、出し入れをすることで温度差が何回も繰り返すという状態になるので、化粧品は変質してしまったり、劣化スピードを上げてしまう原因にもなるので注意をしましょう。